上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11
2004年 フランス
監督: エリック・ヴァレット
出演: ジェラール・ラロシュ、フィリップ・ローデンバッシュ、コルヴァス・コルニラック、ディミトリ・ラトー、 ディディエ・ベニュロ
評価:★★★☆






ストーリー:フランスのとある刑務所の一室に4人の受刑者が収容されていた。
ある日、偶然に部屋の石壁から古い一冊の日記を見つけた。
ラテン語で記されたその日記を一人が解読していくと、魔術を記したものだと言うことが判明する。
この魔術を使ってなんとか刑務所から脱出が出来ないかと魔術のひとつを試してみるが・・・。
古い刑務所を舞台に、呪われた日記帳の呪文を唱えた囚人4人に襲いかかる死と恐怖を描いた究極の密室ホラー。

感想:
アメリカ製ホラーとは一味も二味も違うフランス製のホラーで、なかなかどうして期待以上に楽しめた作品であった。

ドラマとしてもしっかりしたストーリーであり、スピーディな展開に思わず引き込まれてしまった。
衝撃的なラストまで、一気に飽きさせることなく、見せてくれる。

個性的な4人の登場人物のキャラクターが面白い。
元会社経営者、暴力的な性倒錯、豚小屋で育ち、虐待経験がある知能遅れの青年、初老のインテリ殺人者など、それぞれいろいろな背景を持って、この刑務所に収監され、皆自由を夢みている。
少しずつ明らかになる、彼らの背景も実に興味深い。

食事の風景も実にフランス的である。
どんな映画に登場する刑務所の「臭い飯」よりも見た目はおいしそうだが、「そんなもの食べられるか」とパン以外の支給される食事には全く手を付けない。
その代わりにテーブルに並ぶのは、裏ルートを使って手に入れた缶詰やチーズ。
膝にはもちろんきちんとナフキンを掛け、食事を楽しむ。
いやはや、アメリカ映画にはない風景であった。

日本未公開でビデオスルー作品だが、なかなかどうしてこれは見る価値がある作品である。




saw
2005年 アメリカ
監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:トビン・べル、ティム・バード、ジョン・ファロン、フランキーG
評価:★★★★
ストーリー

saw2前作のの事件から7ヵ月後、再びジグソウのものと思われる惨殺事件が起きた。

刑事エリックは現場に残された証拠からジグソウのアジトを見つけ、警官隊を突入させてジグソウを捕獲した。
しかし、刑事エリックの息子を含む8人が別の場所で囚われ、すでに殺人ゲームは始まっていた・・・・。

8人はこのゲームから逃れることが出来るのだろうか?!




感想:

前作Sawは低予算で製作したにもかかわらず、斬新なアイデアとスリリングなストーリー展開で世界的に大ヒットした作品である。

ヒット作の続編と言うと、期待していた割には裏切られると言うパターンが多い。
まして監督は前作のジェームズ・ワンからやはり新人監督のダーレン・リン・バウズマンにバトンタッチ。
これはもしやCubeシリーズの二の舞を行くのかと危惧した。

しかし、そんな心配も何のその、この作品は決して観客の期待を裏切らない出来栄えであった。

続きを読む

!!!saw2の謎も解明しています。(ドラッグで反転なので、まだ未鑑賞の方も安心してご覧ください。
name1999年 ホラー スペイン
評価:★★★












ストーリー:
5年前、何者かに最愛の娘を誘拐されたうえ、惨殺されてしまった。

以来、心の傷を抱えながらも必死で立ち直ろうとしているクラウディアのもとに、

ある日「ママ、あたしよ。生きてるの。お願い、助けに来て」

という電話が入る。 にわかには信じられない彼女だったが、当時事件を担当した元刑事マセラの助けを借り、娘の救出に乗り出す。

調べが進むうち、やがて“ネイムレス”というナチスとオカルトの流れを汲むカルト教団の存在に行き当たる。

感想:
この映画はサスペンスホラーである。時折入るフラッシュバック映像が、じんわりとした得体の知れない恐怖を煽るり、この主人公である母親と共に観るものを謎解きの世界にいざなう。

後半までぐいぐいとサスペンスタッチで引っ張り、ラストはいったいどうなるの?と思いきや、あれ?そんな結末? ラストで一気に冷めてしまった。

雰囲気はハリウッド映画とは一線を引いており、ストーリー的にもなかなか面白いのに、ラストがちょっと尻切れトンボ・・。

こういうカルト集団が絡んだ宗教をネタにしたものは好きだが、ラストまで引っ張っていけなかったのが大変残念である。
ex
1990年 アメリカ
評価:★★★★









ストーリー:
次々と起こる猟奇殺人を捜査する刑事が遭遇する悪魔憑き現象を描くオカルト・サスペンスの第3作。

感想
エクソシスト1、2そしてビキニングと3作は観たのに、何故かこの3だけ未鑑賞であった。

なぜなら2があまりにも面白くなく、この3も同様だろうと思いつつ、やはり最後まで観なければいけないと言う使命感が、何故か沸いてきて妥協で鑑賞した。

が、しかし!!
これは正統派エクソシスト2であろうと言う内容でなかなかおもしろい!!
2も同様悪魔祓いのその後を描いたものだが、何故かピントが狂い、話が飛躍過ぎで、1のあの雰囲気は全くない駄作だった。

この3も1のその後の物語なのだが、悪魔に取り付かれた少女はここでは登場しない。
少女の悪魔祓いをして非業の死を遂げた、あのカラス神父が話の流れでは主軸となってくるのである。

連続して起きる猟奇殺人事件を追う老刑事が、その犯人を追うとともに明らかになる真実!!
残酷描写はほどほどに得体の知れないぼかした恐怖がいっそう怖さを引き立て、正統派オカルトと言う雰囲気がある。

ストーリーも面白いし、これがエクソシスト2だったら、きっともっと話題を呼んでいただろうと思われる。 2がこけたのが大きな災いのようだ。

9監督: ステーブン・R・モンロー
出演:デニス・ホッパー、ケリー・ブロック他
製作国:米・英 2005年公開未定
評価:★★★





9人の男女が無差別に拉致され、ある家に監禁された。生き残る手段は「一人生き残ること』!!あの「キューブ」のようなスチュエーションで、不条理な物語です。
デニス・ホッパー出演のホラーサスペンス!!

ストーリー:
無差別に選ばれた男女9人が拉致され、ある一軒の家に閉じ込められる。外部との繋がりは、家の至るところに設置されたカメラとマイクのみ。 そして外に出る方法は『生き残った一人』だけ。 勝者は3億ドルを手に出来る。 はたしてここから脱出できるものはいるのか!?


感想はこちら!!(本サイトのこの作品の感想・評価コーナーにリンクしています。)
新作映画の感想、壁紙、グルメその他見所あるコンテンツ盛りだくさんの本サイトはこちら
<
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。