上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日イザべラ・アジャーニ>の最新作イザベル・アジャーニの惑い」、「ボン・ヴォヤージュ」を鑑賞した。

アジャーニは現在49歳
でもどう見ても、20代にしか見えない。

1994年の作品「王妃マルゴ」のDVDと最近の作品を見比べてみたら、11年と言う時は彼女にとってなんの意味も持たないらしい。
驚くべきことに、11年前と全く変わっていないのである!!!

marugo
38歳

2004
48才
おまけに彼女は二人の子持ちである。
アップになっても張りのある肌、たるみのないふっくらした輪郭、これが来年50歳の顔?!

いくら最先端の整形美容を施しても、あそこまで自然に残酷な時を止めることが出来るのであろうか?

あまりの美しさに、夜な夜な若い美女の生き血でも吸っているのかしら?などととんでもなく飛躍した思いが頭をよぎってしまった。

デミ・ムーアも全身整形を施して、必死に若さにしがみついているが、サイボーグのようでやはりどこか不自然である。

それに比べて、アジャーニの自然さは、奇跡である。

アメリカに20歳のまま老化がストップしてしまった女性がいるのをご存知であろうか?
ずいぶん前に週刊誌の記事で読んだのだが、その時点で50代後半であったが、どうみてもティーン・エイジャー。
金髪で華奢な体つきのすこぶる美人。
ご主人と並ぶと親子のようであり、30代の娘と並ぶと、姉妹でも不自然であるし、叔母と姪と言う感じであった。
彼女の悩みは、娘が彼氏を連れてくると皆娘はそっちのけで彼女に夢中になってしまう事だそうだ。
そんな話をアジャーニを見ていると思い出してしまった。
医学の力でここまで老化を阻止することが可能なのだろうか?
あと5年後、10年後も今のままだったら?
う~~ん、アジャーニだったらありえるかも!!

なんかそんなことを考えてしまった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/6-17e3c8f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。