上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

2007年1月3日 修善寺


⑥修善寺 ザ・リベンジ蕎麦朴念仁

餅つきでさらにお腹がいっぱいになった後、修善寺が初めてだという友人と修善寺観光。
この地は鎌倉時代、源範頼、頼家が幽閉され暗殺されるという源氏興亡の哀史の舞台となっており、お2人の墓もここにあります。

向かったのは、北条政子が亡き息子の為に建てた指月殿
そして、源頼家の墓十三士の墓
無念の魂にご冥福をお祈りしました。

その後、昨日の屈辱のうまい蕎麦食べ損ねのリベンジをかねて、朴念仁へ。
DSCN0133.jpg
昼食時なので、さすがに混んでいて、待つこと30分。
「相席になりますから、横に並んで座ってください」とそっけないお姉さんの言い方。
相席になったのは、カップルで、目のやり場に困るほどアツアツ。

どうせなら向かい合わせに座らせてよ~!!


でも、彼女が「出汁巻卵も食べてみたいな~」の一言に、
その彼氏「いいよ」とそっけない返答。
彼女はそれ以上何も言えず、言わなきゃ良かったというような表情。
ドケチ~!!
もう食べられないよ~と悲鳴をあげるぐらい何でも注文してくれる太っ腹の男じゃないとダメな私は、こんな男ペッ。
(余計なお世話だ・・他人の彼氏なのに・・)
DSCN0134.jpg

さてメニューを見て、注文を決める。
と言っても初めから、「天ざる」に決めていたんだけど・・。

天ざる2,000円を2つオーダーすると、お姉さんが「お蕎麦の量はこのくらいですが、後から再注文はお断りするか、後回しになって遅くなりますが。」と握りこぶしを作って蕎麦の量の目安を私たちに示す。

女性の握り拳って言ったら、「えっ、こんなに小さいの?」と思い、「もう一枚」と言いたい所だったが、もりが1000円。
それなら、お腹に余裕があるなら他店へ梯子したほうがいい。
天ざる2人前を結局注文。

待つこと15分、天婦羅登場!!
DSCN0138.jpg
生桜海老の天婦羅ですが、いまいちカラッと揚がっていない。
これなら沼津の三橋の桜海老かき揚げの方が数段上。
三橋に比べると、天婦羅の衣が多すぎ。
それに量も少ない・・。写真で見ると大きく見えますが、実際は小さい。

しばらくすると蕎麦が運ばれてきた。
少ないとは思っていたが、マジで少ない・・・。
一見写真で見ると多そうに見えるが、横のつけ汁の器の大きさと比較して考えて見て下さい。
蕎麦は極細。
通常の細打ち麺よりさらに細く、素麺のよう。
DSCN0140.jpg
ちょっと今までに食べたことのない食感。
普通蕎麦に付きものの、葱はなくわさびと大根おろしだけの薬味。

あのさ~、店主のこだわりかなんだか知らないけど、葱くらいつけてよ~!!

汁はと言うと、そばつゆにしては薄め。
出汁もそう効いておらず、大根おろしを入れるとさらに薄くなる。
まあ、麺が細めだからあまり濃いと麺にからみ過ぎるとこの濃さにしたと思いますが、不満。

極細蕎麦なので、喉ごしが良く、あっと言う間に完食。
満足感・・・いまひとつ。(-。-;)

女性でも3枚はここのそばなら軽く入る量です。
もり蕎麦3枚で、3000円なり~!!
おそろしや。

総評:
確かに蕎麦はおいしいけれど、並んで食べるのは一度でたくさん。
何度も行きたいとは決して思いませんね。
店主のこだわりかなんだか知らないけど、世の中にはもっと安くておいしい蕎麦屋がいっぱいあります。
蕎麦はともかく、汁がいまひとつと突っ込みどころ満載。
ここのお姉さんも高ビーな物の言い方でなんか嫌。
地元の人は、まず通うことのない店だと思いましたね。
名前だけが一人歩きしているように思えてならなかったのが大変残念でした。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/43-b019554c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。