上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


2007年1月2日 修善寺


①執念の蕎麦屋探しの果て-
title_syuzennji.jpg



お正月を家でのんびり過ごすのもいいですが、伊豆辺りで和の心をしみじみ感じながら過ごすのも乙なもの。

んなわけで、2007年のお正月は伊豆修善寺で過ごすことと相成りました。


東京から東名高速で一路沼津へ。
まずは昼食にうまい蕎麦と言うことで、伊豆長岡の有名店
「橋本」へ。
伊豆の蕎麦はこれまたうまいのだ^^

が、しかし!!
無情にも「本日休業」・・・ガ~~ン

仕方がないと一路目的地である「修善寺へ」。
syuzennji1


(伊豆の小京都と呼ばれる修善寺は、どこかノスタルジックで、また質の良い旅館が軒を連ねていることでも有名です。)


まずは宿である「新井旅館」に車を置いて、徒歩で朴念仁と言う蕎麦の有名店へと向かう。


が、しかし!!
ここでも無情にも「本日蕎麦売り切れ」・・

もう時計は午後3時を越している・・
もうお腹が空きすぎて機嫌悪さ200%!!


そう、私はお腹が空くとイライラも限界になり、やたら人に当たりまくる。
こうなったら、否が応でも絶対にうまい蕎麦を食べてやる!!とむきになって修善寺の町を彷徨う。

同行者はもう疲れてフラフラ状態。
皆内心では「どこでもいいよ・・・早く決めてくれ」ってな感じでしょう。

いや、そんないい加減なことは私にとって許されない。
私は1ヶ月も前から内々に計画を練っていたのである。
今の私の頭の中には「おいしい蕎麦」と言う言葉しかない。
食べ物に対しては異常な執念を燃やす私であった・・。


ふふふ、、まだまだあるわよ、「おいしい蕎麦屋が」。

ここから一番近い、
朴念仁から歩くこと15分、生わさびで有名な独鈷蕎麦に到着。


が、しかし!!
ここでも無情にも「本日終了」の看板が・・

ああ、悲しけり・・正月の営業タイム。

もうこの辺で、イライラ500%!!!
頭の中の蕎麦屋のデータベースを次々引き出し、さらに2件廻るが、
どこも無情にも「本日終了」・・・。


皆の「どこでもいいから入ろう」と言う一言で
もう頭の中のデータベースが空っぽの私は、皆に促され宿の隣にある「桂月」と言う蕎麦屋に。


soba1


寒い中歩き回ったのと、わけがわからない蕎麦屋の「ざる」は怖いので、あったかい「しいたけ蕎麦」を注文。
あったかい蕎麦なら、そうそうまずい蕎麦はないだろうと。


shiitake


見た目はまあまあ、おいしそう。
かき卵の中に肉厚なしいたけが。
この辺は椎茸の有名な産地でもあります。

お味は・・・・
汁はぬるいし、蕎麦は太いし、まずくはないがうまくもないと言ったところ。

あ~~うまい蕎麦が食べたい。
とんだ一日だった。
明日こそ!明日こそこのうまい蕎麦を!!と心に誓う私であった。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/38-a1c2c17a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。