上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
nsnrng.jpg
山の郵便配達 - 1999年 ストーリー:中国・湖南省西部の山間地帯。車も容易に通れないこの地域にて、徒歩で郵便配達の仕事を続けてきた初老の男(トン・ルゥジュン)が足を患い、息子(リィウ・イェ)が仕事を引き継ぐことに。しかし父は息子の初仕事に同行し、それを自分の最後の務めとしようとする…。 感想:実に奥深い作品です。父演ずる トン・ルゥジュンのきめ細かく、観る者にその表情だけで気持ちがひしひしとこちらに伝わってきました。 親子と言えども郵便配達人の父は、ほとんど家におらず、それ故双方とも互いを理解していません。息子は一度も「とうさん」と父を呼んだこともなく、いつも父親に捨てられた如くの気持ちを抱いていました。 そんな二人が、この仕事を引き継ぐ為の旅によって互いを理解し、親子の情を深めて行く過程は、実に自然な描写であり、素朴な感動が伝わってきます。 近年を舞台にした作品ですが、日本において郵便配達人が徒歩で、それも崖をロープで登ったりと過酷な仕事ぶりは全く想像もつかないと思います。息子も始めて父の仕事を理解し、過去に感じていたさまざまな父への反発が、そのとき全く誤解だったことに気付くのでした。 父は口数か少なく、あえて言い訳もせず、語らないけれども、旅のさまざまな場面で、今まで知りえなかった父の自分への思いを感じていきます。 この作品も、過酷だけれど素朴な自然がとても美しい作品です。そして静かな余韻を残す作品でもあります。これも中国映画の名作のひとつだと思います。チャン・イーモウの「初恋の来た道」が好きな方にはおすすめです。これはラブ・ロマンスではなく、親子の情愛を描いたロード・ムービーでありますが、上記の作品と同様、中国の田舎を舞台にした作品で、素晴らしい映像美に溢れています。またひとつ素晴らしい作品にめぐり合い、満足な気分に浸れました。
スポンサーサイト

色彩を変えてシックな装いになりましたね。
このほうがThe Gothicらしいような気がします。
この映画も面白そう。
中国の田舎を舞台にした映画といえば、
チャン・イーモウの「あの子をさがして」が印象に残ってます。
中国版ヌーヴェル・ヴァーグだと思いました。
「山の郵便配達」も楽しみです。

2006.02.08 22:36 URL | Pepite #- [ 編集 ]

実はこの映画を観る前に「あの子をさがして」を観たんです。
チャン。イーモウ作品にしては、少々心情描写が中途半端でどこか不完全燃焼な作品だと思いました。

それと子供の癖に何かと言うと「金」、「金」。
う~~ん、お金に執着する人は好きじゃないし、まして子供がここまで執着すると、いい加減にしてって言いたくなります。w

でも、お金の計算を一生懸命している姿を見て、校長が「算数まで教えている。いや~たいしたもんだ」と勘違いして喜んでいたのが笑えました。

近年の中国を舞台にした作品ですが、こんな貧しい寒村が未だにあり、子供が子供を教えるなどと言うこともあるとは信じがたい話ですね。
映画を通して、こうした中国の現状が見られ、興味深いです。

2006.02.09 05:39 URL | Diane #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/19-b3252022

山の郵便配達
山の郵便配達 ★★★★★★★★☆☆ 8/10 山奥の郵便配達の仕事を親父から息子に引き継ぐ話。まぁそれだけなのですが、親父とのホノボノとしたやりとり。。。いい映画です。参考ブログ参考ブログ2参考ブログ3

2006.04.16 19:50 | 読書&映画メモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。