上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
hatsuko1.jpg


初恋の来た道 - 2003 中国/アメリカ
監督:チャン・イーモウ
cast:チャン・ツィイー

ストーリー:
父の死で帰省した青年が、母と父のなれそめを追想していく。若き日の母=18歳の少女デイ(チャン・ツィイー)は、村にやってきた小学校教師チャンユーに一目ぼれ。以後、彼女はせっせと彼のために弁当を作り続けていくが…。


久々に映画の原点に帰って、しみじみと感動できる作品を鑑賞しました。
悲しいのではなくて、感動の涙を流せる貴重な作品です。

美しく、旅情的な音楽、広大な中国の自然、チャンツィの可憐さ、何か忘れかけていたものをふと思い出すような作品でした。

父が死んで、田舎に戻ってきた息子は、母が父を昔の風習のように棺おけを担いで街から彼らの住む村まで連れて帰りたいといいます。
父の棺おけにかぶせる布を機織機で織る母。
そんな面倒なことはしなくても買えばいいし、棺も車で運べば時間もかからないのにと思う息子。

そして時は遡って、母と父の出会いの物語が始まります。

いったいこの世でどのくらいの夫婦が、この世の別れを前にして、彼女と同じような気持ちを抱く人たちがいるのだろうかと考えてしまいました。

現実問題、その場では悲しくても、保険金を前に晴れ晴れした気持ちになる妻が多いことも事実です。
彼女にとって、夫はかけがえのない存在で、すべてでした。
出会いから別れまで、その気持ちが一時も揺らぐことなく、初恋のあの気持ちをいつも抱いていたのでした。
出会いから、彼が死を迎える直前まで、一日も休まず彼の授業の朗読を聴き、その声にときめき、老いて尚、その気持ちが揺らぐことがなかったのです。

素晴らしい愛の物語でした。
これは涙なくして観る事ができない名作だと思います。


スポンサーサイト

Dianeさん、こんばんは。久しぶりにこちらのブログにお邪魔させていただきました。「初恋のきた道」いいですよね~。携帯から何から何まで不自由無く揃った時代、このような想いを持てるのはなかなか難しいかもしれませんね。
現在のおばあさんが、チャン・ツィイーのような美人ではないのも良かったです。自分の心の中の心象風景、ととらえることもできますし。

2006.02.03 00:27 URL | matsumo #ZhG4.HHs [ 編集 ]

こんにちはmatumoさん♪
現代では難しいですね、本当に。
なぜならば、この映画では、山奥の無学な女の子が街から来た文化人の男性に恋をする。
もし、二人が街で暮らしていたら、いい女、いい男はいっぱいいるし。w
村じゃ彼女が一番の美人。彼は他の村人とは段違いの都会男。
わき目振っても。これ以上上はなし。w

現代じゃムリです。
こういう恋愛がしたっかったら、彼女と二人山にこもりましょう。
一生。w

2006.02.05 00:32 URL | Diane #- [ 編集 ]

これ、僕も好きですよ~。うん。原点って感じですね。余計なもののない映画。ビデオが出た頃に見たので、内容をはっきりとは覚えてないですが、見終わった後、友人に勧めていたのを覚えています。
チャン・ツィー綺麗になりましたねw。

2006.02.06 12:36 URL | 雨樹一期 #xJ0hOwyw [ 編集 ]

ええ、映画の原点ですね。
変に着色した少女マンガのような韓国映画とは違い、正統派をどこまでも貫き、細部にわたって神経を研ぎ澄ませ、完成された作品だと思います。

このときのチャン・ツィーは可憐の一言。今は可憐だけどどこか大人の女性としての色香も感じるし、いそうでいない貴重なタイプな女優ですね。

今の日本や韓国の女優は、顔をいじりすぎてか、自然な美がなくなって、同じような顔立ちが多いような気がします。

チャン・ツィーの顔はおとなしめで、個性的じゃないですが、逆にそれが個性になっていますね。
ツンとした表情をしたときの彼女、とっても美しいと思います。

2006.02.09 05:45 URL | Diane #- [ 編集 ]

良い写真でした。
撮影、編集、美術、照明。
良く映画を研究してます。
無駄なシーンが無い。彼女の初恋の相手は実は彼ではなく、彼の生き方なんですね。
つまり、自由であり、それへの信念なんです。
ところが彼女らのような土台(農民層)の上に乗っかるノーメンクラツーラに翻弄される。
実にラブストーリーの皮を被った非体制映画です。
素晴らしい。
チャンツィーイーはそれらに増して、良い。あの走り方が良い。
まるで、七人の侍に出てくる村娘(津島恵子)のようでした。
肩を振って、足はがにまたで。それが良い。

2007.02.18 00:31 URL | jirolin #EtAp6wPA [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/18-856db334

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。