上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

a.jpg 評価:★★☆
監督: 黒沢清 
出演: 加藤晴彦, 役所広司, その他
2001年 日本











ストーリー:


 OLのミチ(麻生久美子)の同僚が突然自殺をし、それ以降彼女の周囲の人物が次々と姿を消していく。
同じころ、大学生・亮介のパソコンのインターネット画面に「幽霊に会いたいですか」という不気味なメッセージと映像が届けられる。
やがて両者の事件はシンクロし、恐るべき事象がふたりに襲いかかっていく。 

感想:


 むしあつ~~い夏にはやっぱりホラー。
でも、アメリカ製のホラーは、ちっとも涼しくならないので、日本製ホラー「回路」を鑑賞。
早速部屋を真っ暗にして、いざ!ぎょっ、幽霊の動きがぞ~~っ。
温度5度下降。 殺人鬼は、怖い。しかしぞ~とはしない。むしろその流れ出る血のぬくもりを感じ暑くなる。
この映画は、一切血を観ることはない。映像がぼやけた幽霊が、なんとも不気味である。

パソコンに表示された文字「あなたは幽霊に会いたいですか?」と言う言葉にネットで一時話題になった「赤い部屋」を思い出した。

しかし!!前半の展開はいいのだが、途中から展開が不可思議な方向へ・・・。
まるでSFのような展開でホラーと言うよりはまるでSF映画である。


あまりにも非現実的で、恐怖はそこで一気に吹っ飛んでしまった。
出来ればネットがらみであのまま展開してほしかった。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://gothic2.blog20.fc2.com/tb.php/11-f47526a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。