上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
監督・脚本:アンジェイ・ズラウスキー
出演:イザベル・アジャーニ サム・ニール H・ベネント マルギット・カルステンセン

ストーリー:数年間の単身赴任を終え、西ドイツの近郊都市に戻ってきたマルク(サム・ニール)は妻アンナ(イザベル・アジャーニ)の態度の変化に驚愕する。
やがて夜な夜な家を後にするようになったアンナは、結婚生活や母親業から逃れたいこと、そして愛人の存在を夫に告げるのだった。
ハインリッヒ(ハインツ・ベネント)という男の存在を知ったマルクは彼のもとを訪ねるが、実はアンナにはハインリッヒの他にも男がいるらしかった。
思いあまったマルクは私立探偵を雇い妻を尾行させるが、いつしか彼は連絡を断ってしまう。
一方アンナは、日々ヒステリックに狂気の度を増してゆく。
そんなある日マルクは、息子ボブ(ミシェル・ホーベン)の小学校の担任教師ヘレン(I・アジャーニ=二役)の訪問をうけ、アンナとの生活に疲れ切った彼は、妻とよく似たヘレンに甘えるように身体を重ねるのだった。
ますます不可解な行動をとるようになってゆくアンナ。
現実を歪める彼女の妄想から妻を救い出すため、マルクはアンナに憑衣した魔物と対峙する決意を抱くのだが……
posse

感想:
イザベル・アジャーニ主演のポゼッションを長年観たいと思いながら観れずにいたので、思い切って鑑賞する。

この作品は決してホラー映画ではないのに、ホラー映画として分類されることがしばしばある。
電気カッターナイフで自らの首を切り付けたり、奇怪なヌメヌメした化け物・・・。

でも、一番怖いのは主演のアジャーニの演技である。
もう演技を超えて、完全に悪魔憑きの状態である。
無人の地下鉄の歩道で見せる演技にはもう唖然。
ここまでやるか・・・。
牛乳と歩道の汚水にまみれ、のた打ち回る様は、観ていて恐怖を感じずにいられない。
作品に対してではなく、アジャーニと言う女優に対して・・・。

この作品は万人向けではない。
多くの人は鑑賞し終わった後に洪水のように疑問が飛び交う作品であろう。


いったいあの化け物は何だったのか?
何故死んだ人が再び現れてきたのか?
幻想か現実か?

その他多くの疑問を残して映画はラストを迎える。

私も自分なりに解釈してみようと試みたが、途中であきらめてしまった。
元々この作品は、ポーランドの悲劇的な歴史を象徴的にポーランド出身の監督アンジェイ・ズラウスキーが表現しているとされる作品であり、ポーランドの歴史的知識が乏しい我々には理解しがたい作品である。
はっきり言って、非常に後味が悪い作品であった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。