上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


2007年1月2日 修善寺


①執念の蕎麦屋探しの果て-
title_syuzennji.jpg



お正月を家でのんびり過ごすのもいいですが、伊豆辺りで和の心をしみじみ感じながら過ごすのも乙なもの。

んなわけで、2007年のお正月は伊豆修善寺で過ごすことと相成りました。


東京から東名高速で一路沼津へ。
まずは昼食にうまい蕎麦と言うことで、伊豆長岡の有名店
「橋本」へ。
伊豆の蕎麦はこれまたうまいのだ^^

が、しかし!!
無情にも「本日休業」・・・ガ~~ン

仕方がないと一路目的地である「修善寺へ」。
syuzennji1


(伊豆の小京都と呼ばれる修善寺は、どこかノスタルジックで、また質の良い旅館が軒を連ねていることでも有名です。)


まずは宿である「新井旅館」に車を置いて、徒歩で朴念仁と言う蕎麦の有名店へと向かう。


が、しかし!!
ここでも無情にも「本日蕎麦売り切れ」・・

もう時計は午後3時を越している・・
もうお腹が空きすぎて機嫌悪さ200%!!


そう、私はお腹が空くとイライラも限界になり、やたら人に当たりまくる。
こうなったら、否が応でも絶対にうまい蕎麦を食べてやる!!とむきになって修善寺の町を彷徨う。

同行者はもう疲れてフラフラ状態。
皆内心では「どこでもいいよ・・・早く決めてくれ」ってな感じでしょう。

いや、そんないい加減なことは私にとって許されない。
私は1ヶ月も前から内々に計画を練っていたのである。
今の私の頭の中には「おいしい蕎麦」と言う言葉しかない。
食べ物に対しては異常な執念を燃やす私であった・・。


ふふふ、、まだまだあるわよ、「おいしい蕎麦屋が」。

ここから一番近い、
朴念仁から歩くこと15分、生わさびで有名な独鈷蕎麦に到着。


が、しかし!!
ここでも無情にも「本日終了」の看板が・・

ああ、悲しけり・・正月の営業タイム。

もうこの辺で、イライラ500%!!!
頭の中の蕎麦屋のデータベースを次々引き出し、さらに2件廻るが、
どこも無情にも「本日終了」・・・。


皆の「どこでもいいから入ろう」と言う一言で
もう頭の中のデータベースが空っぽの私は、皆に促され宿の隣にある「桂月」と言う蕎麦屋に。


soba1


寒い中歩き回ったのと、わけがわからない蕎麦屋の「ざる」は怖いので、あったかい「しいたけ蕎麦」を注文。
あったかい蕎麦なら、そうそうまずい蕎麦はないだろうと。


shiitake


見た目はまあまあ、おいしそう。
かき卵の中に肉厚なしいたけが。
この辺は椎茸の有名な産地でもあります。

お味は・・・・
汁はぬるいし、蕎麦は太いし、まずくはないがうまくもないと言ったところ。

あ~~うまい蕎麦が食べたい。
とんだ一日だった。
明日こそ!明日こそこのうまい蕎麦を!!と心に誓う私であった。

スポンサーサイト


2007年1月2日 修善寺


②新井旅館へチエックイン


さてうまいとは言いがたい蕎麦を食べて、なんとかお腹がいっぱいになったところで、宿へチエックイン。 

arai1


蕎麦屋から徒歩30秒の「文化財の宿 新井旅館」
修善寺の中心地と言う立地条件NO1の場所に建つこの宿は、建物全体が国の文化遺産として登録されており、なんとここの風呂は国で唯一の「風呂の文化遺産」なのです。
そんな宿でお正月2日、3日と2泊3日を過ごします。


この宿修善寺に来るたびに気にはなっていましたが、宿泊するのは今回が初めて。
この宿の宿泊棟は8個の文化遺産棟からなっており、私たちが宿泊したのは「雪の棟」。
なんと明治32年に建てられた棟なのです。

風呂に一番近くて、1階の部屋をとリクエストした通り(エレベーターがない)、貸切風呂2箇所が隣接し、ロビーからも近く、とても便利な部屋でした。


部屋へは、この宿で有名な渡り廊下を通ってすぐのところにあります。

maturi1

(時代劇に出てきそうな風情がある渡り廊下)


お抹茶とお菓子を頂いてから部屋へ。
残念ながら部屋の写真は撮り忘れ。
雪の棟の眺めは中庭。

眺めを期待するなら、桐の棟がお勧め。
池と一体化した桐の棟はこの旅館のメインとも言えます。

arai3
(桐の棟・・・部屋から鯉に餌やりが出来る。う~ん、風情があるな。)

部屋の高い順から
①特別室 吉野の棟 平日で73600円だから正月は10万以上
②離れ 紅葉の棟
③桐の棟(バス、トイレ付き)
④雪の棟、花の棟(バス、トイレ付き)
⑤月の棟、あやめの棟 (バスなし、トイレ付き)
⑥霞の棟(バスなし、トイレなし)


宿泊した雪の棟は、まあ中ぐらいの部屋と言えます。
一番安い霞の棟には、なんとガラスがなく、障子だけと言う部屋もあります。
寒くないのかと聞いたら、昔の人の知恵で障子は、冬暖かく、夏涼しく過ごすことが出来るとのこと。


さて、部屋で一息ついたところで、隣接する貸切風呂へ。
風呂に近いことの特権、空いているかすぐに見に行ける!!ふふ♪
空いてました、「琵琶湖の湯」が。
貸切風呂2つのうち、広いほうの風呂です。

arai3

琵琶湖のように大きいとは言いませんが、6人くらいは優に湯船に浸かれる大きさ。
天井が高い為、メガネも曇りません。
時間制限もない為、空いていればいつでも入ることが出来ます。
この風呂がまためちゃくちゃ落ち着くんですよ。

この他に貸切家族風呂、あやめの湯、文化遺産の天平の湯、露天風呂と5つの湯があります。
でも結局この「琵琶湖の湯」が一番気に入って、この風呂に入った回数が一番多かったです。
部屋から近いしね。


DSCN0097.jpg

(貸切り家族風呂)


そして食事の前に軽い運動をと、なんと友人と卓球を!!
卓球なんて、学生時代に体育の授業で1時間やっただけで数十年ぶりと思ったけど、そういえば昔モルディブに行ったとき、リゾートでやったっけ。

おまけにリゾートの「ピンポン大会」で優勝したっけ。
こういうせせこましいスポーツは、ヨーロピアンは苦手で皆へたくそ。
おかげで日本代表の私(と言っても友人と私の二人だけ)が見事優勝。

ってことで数十年ぶりに挑戦。
結構体が覚えているようで、何とか楽しむ程度には出来るちょっとうれしい気分。
最初あれっ・・・と思った友人もだんだん様になり、リレーも続くように。

でも所詮卓球には動きは少ない。
楽しいけど、あまり運動にはならない。
まあ、かろうじて、友人が打つ球はあっちこっちに行くのと、オーバー気味で球広いが結構多いので、その点は彼女より運動量が多い。

さてさて、もう食事時間の10分前。
いよいよお待ちかねの夕食タイム!!!!

2007年1月2日 修善寺 -


③新井旅館 -夕食1-


お風呂に入って、卓球で汗をかいて(?)、さていよいよお待ちかねの夕食タイム!! 何せ今日は蕎麦でひどい目にあったから、せめて夕食で名誉挽回。


食事は懐石料理なので一品一品の量は少ないですが、品数が多い為、煮物などはもう手をつけず、おなかいっぱいで大満足^^
お腹にもたれるようなものがなかったのが良かったと思います。
お酒はもちろん熱燗で♪


1日目夕食1夕食_一日目2

小菜-千種和合 河豚、帆立                  酒肴-海老芋油煮 キャビア、柚子餡


夕食_一日目34

箸付-薄氷養老 蟹身、蕨、金箔           御椀-小袖平目巻き 巻湯葉、薄もち



5.jpg6.jpg

 御造りー中トロ鮪、ホッキ貝、雲丹


7.jpg8.jpg
小吸い物-たらば、粒蕎麦汁、針葱         焼物-メバル狭焼、鯧西京焼き


9.jpg10.jpg
温物-修善寺蕪蒸し                                   煮物-粟麩万頭


11.jpg12.jpg
留肴-鮭燻製芽芋巻                                 留椀-鰈唐揚 御飯、香物


13.jpg
甘味- ラ・フランスワイン漬 


 

2007年1月2日 修善寺


④新井旅館-朝ごはん1-


 昨夜は疲れてしまって21時過ぎに就寝。
7時過ぎに起きて、早速貸切風呂「琵琶湖風呂」へ。
温泉で目が覚めた後は、朝食。

正月なので、おそとそも用意されていて、おとそを飲んでちょっと正月気分。
しっかり御飯も2杯お代わり。(おい、食べ過ぎだって(-。-;))

昨日あれだけ食べたものはどこへやら。
14.jpg15.jpg
紅白の餅が入ったお雑煮

16.jpg17.jpg
菊の花とじゃこのおひたし         蟹入りだし巻卵


18.jpg19.jpg
白身魚のみぞれ               鯵の干物

20.jpg21.jpg
切干大根 ウマー                サーモンの御造り

22.jpg23.jpg
烏賊の塩辛                  香の物


24.jpg
グレープフルーツ 砂糖添え

2007年1月3日 修善寺

⑤新井旅館 もちつき大会


9時ちょっと前に朝食を済ませ、9時30分から始まる宿の餅つき大会に参加。
宿泊客は餅を突くことが出来る。
初めての経験にちょっぴりうれしい気分♪


DSCN0103.jpg
突いているのは、宿の方


宿泊客の一人のおじさんは、石の臼が壊れそうな勢いで、賢明に餅を突いている。
そんなに血管浮き上がらせて、むきになって突かなくてもいいのに・・・血圧上がるよおじさん。(-。-;)


意外にこの杵が重くて、見ているのと違って結構これが大変。
10回ついたところで交代。
ふ~~疲れた。
朝のいい運動になりました。
宿泊客らで長い間突かれた餅は、そりゃもう絹のように滑らかで、めちゃくちゃおいしかったです。

お餅はお汁粉、黄粉餅、からみ餅と3種類で味わいます。
もちろんお替りもOK。
からみ餅お替りしちゃった。あはっ

DSCN0119.jpg
からみもちがおいしくて、お替りも頂いちゃいました。(朝食で御飯2杯、お雑煮まで食べたのに)
DSCN0120.jpg
ちょっと食べかけだけど・・・小豆の粒が大きくて、ふっくらおいしかったです。

2007年1月3日 修善寺


⑥修善寺 ザ・リベンジ蕎麦朴念仁

餅つきでさらにお腹がいっぱいになった後、修善寺が初めてだという友人と修善寺観光。
この地は鎌倉時代、源範頼、頼家が幽閉され暗殺されるという源氏興亡の哀史の舞台となっており、お2人の墓もここにあります。

向かったのは、北条政子が亡き息子の為に建てた指月殿
そして、源頼家の墓十三士の墓
無念の魂にご冥福をお祈りしました。

その後、昨日の屈辱のうまい蕎麦食べ損ねのリベンジをかねて、朴念仁へ。
DSCN0133.jpg
昼食時なので、さすがに混んでいて、待つこと30分。
「相席になりますから、横に並んで座ってください」とそっけないお姉さんの言い方。
相席になったのは、カップルで、目のやり場に困るほどアツアツ。

どうせなら向かい合わせに座らせてよ~!!


でも、彼女が「出汁巻卵も食べてみたいな~」の一言に、
その彼氏「いいよ」とそっけない返答。
彼女はそれ以上何も言えず、言わなきゃ良かったというような表情。
ドケチ~!!
もう食べられないよ~と悲鳴をあげるぐらい何でも注文してくれる太っ腹の男じゃないとダメな私は、こんな男ペッ。
(余計なお世話だ・・他人の彼氏なのに・・)
DSCN0134.jpg

さてメニューを見て、注文を決める。
と言っても初めから、「天ざる」に決めていたんだけど・・。

天ざる2,000円を2つオーダーすると、お姉さんが「お蕎麦の量はこのくらいですが、後から再注文はお断りするか、後回しになって遅くなりますが。」と握りこぶしを作って蕎麦の量の目安を私たちに示す。

女性の握り拳って言ったら、「えっ、こんなに小さいの?」と思い、「もう一枚」と言いたい所だったが、もりが1000円。
それなら、お腹に余裕があるなら他店へ梯子したほうがいい。
天ざる2人前を結局注文。

待つこと15分、天婦羅登場!!
DSCN0138.jpg
生桜海老の天婦羅ですが、いまいちカラッと揚がっていない。
これなら沼津の三橋の桜海老かき揚げの方が数段上。
三橋に比べると、天婦羅の衣が多すぎ。
それに量も少ない・・。写真で見ると大きく見えますが、実際は小さい。

しばらくすると蕎麦が運ばれてきた。
少ないとは思っていたが、マジで少ない・・・。
一見写真で見ると多そうに見えるが、横のつけ汁の器の大きさと比較して考えて見て下さい。
蕎麦は極細。
通常の細打ち麺よりさらに細く、素麺のよう。
DSCN0140.jpg
ちょっと今までに食べたことのない食感。
普通蕎麦に付きものの、葱はなくわさびと大根おろしだけの薬味。

あのさ~、店主のこだわりかなんだか知らないけど、葱くらいつけてよ~!!

汁はと言うと、そばつゆにしては薄め。
出汁もそう効いておらず、大根おろしを入れるとさらに薄くなる。
まあ、麺が細めだからあまり濃いと麺にからみ過ぎるとこの濃さにしたと思いますが、不満。

極細蕎麦なので、喉ごしが良く、あっと言う間に完食。
満足感・・・いまひとつ。(-。-;)

女性でも3枚はここのそばなら軽く入る量です。
もり蕎麦3枚で、3000円なり~!!
おそろしや。

総評:
確かに蕎麦はおいしいけれど、並んで食べるのは一度でたくさん。
何度も行きたいとは決して思いませんね。
店主のこだわりかなんだか知らないけど、世の中にはもっと安くておいしい蕎麦屋がいっぱいあります。
蕎麦はともかく、汁がいまひとつと突っ込みどころ満載。
ここのお姉さんも高ビーな物の言い方でなんか嫌。
地元の人は、まず通うことのない店だと思いましたね。
名前だけが一人歩きしているように思えてならなかったのが大変残念でした。

2007年1月3日 修善寺


⑦修善寺 ザ・リベンジ蕎麦 -独鈷蕎麦


 朴念仁に続き、次に向かったのが、やはり修善寺で有名な「独鈷蕎麦」。

しかし、良く食うね~。
朝食、間食にお汁粉、お餅、先ほどの朴念仁の天ざる・・・。
やばいほど食べまくってます。

午後2時を回ったところなので、待ち時間はなくすんなり座席へ。
店内は他のお客もおらず、ずいぶん空いているなと思ったら、次々とお客が。

この店のメニューは、かけそばとざる蕎麦のみ。やはり蕎麦はざるで味わうのが一番とざるを注文。
しばらくすると、大きな生わさびが運ばれて来ました。 DSCN0143.jpg
わさびを擦ると、いい香が。
そういえば朴念仁は普通の練わさびだったな・・・。

そして待ちにまった蕎麦がテーブルに運ばれて来ました。
DSCN0141.jpg
付け合せに「里芋、かぼちゃ(めちゃくちゃおいしい♪)と金柑のシロップ漬、そして、とろろと小鉢。
これで1、260円。

朴念仁のざる蕎麦1、000円に比べると、コストパフォーマンス抜群。
蕎麦の量も朴念仁の2倍以上。
あれは少なすぎ・・。

朴念仁の店主「足りなかったら、もっと注文しろ。うまいだろう~」
するかってんだ。ブツ
勝手にこだわってろって。

さて、独鈷蕎麦のお味はと言うと、ウマ~~です。
汁の濃さはちょうど良く、わさびのいい香と相まって、喉越し良く箸も進みます。
朴念仁の蕎麦が「変わり蕎麦」だとしたら、この独鈷そばは「正統派」の蕎麦と言えます。

やっとこさ、おいしい蕎麦を味わえて幸せ気分♪

総評:
朴念仁と違って、この店は良心的価格で、又今度修善寺に行ったら絶対に足を運びたい蕎麦屋です。
洗礼された蕎麦ではないけれども、わさびの有名な産地であることをうまく利用し、それを取り入れ、付け合せの野菜の炊き込みなども上品でおいしく、大変満足しました。
ざるととろろそばを二つ注文したような気になるとってもお得な気分になれます。
おすすめ!!

2007年1月3日 修善寺


⑧修善寺名物鯵寿司


蕎麦屋2件を梯子して、車で修善寺駅へ。
なぜかと言うと宿で待っている母の為に修善寺名物「鯵寿司」購入の為。
駅便第一位だとか言うこの寿司は、鯵を御飯の上に載せる前に皮を剥くそうです。
酢で〆ず、新鮮な鯵を使っているのが人気の秘密とか。


まあ鯵のちらし寿司って言ったところです。


145
鯵寿司 980円 修善寺駅


母曰く、「味はいたって普通」との事。
まあ、家の母は伊豆の伊東出身と言うこともあり、魚にはいたってうるさいので、評価どうしても低くなりがち。
でも有名な駅弁だけに一度は試してみたいですね。

2007年1月3日 修善寺

⑨新井旅館-夕食2-

今日は蕎麦屋の梯子で昼食が遅くなったので、夕食は19時に。
食事までの時間、お風呂に入って、その後昨日に引き続き卓球を。^^

そして夕食。
朝からあれだけ食べたのにどこへやら、ちゃんと時間になるとお腹が空くのはとても不思議。w2_12_2.jpg

祝肴-梅花薯羮 あんきも 千代口-梅田牛蒡 蟹味噌和え

2_3.jpg2_4.jpg

祝肴-寒鯖寿司、網傘大根、百合根   御椀-土瓶蒸し 松茸、海老、烏賊 

2_5.jpg
2_6.jpg

御造り-鯛松皮造り、鮪、牡丹海老、帆立貝  御蒸し物-蕪蒸し 尼鯛

2_7.jpg
2_8.jpg

家喜物-焼きタラバ蟹、青梅蜂蜜   多喜合わせ-海老芋旨煮 鱈子花吹雪

2_9.jpg
2_10.jpg

強肴-猪柔煮湯葉巻            留肴-河豚煮凍り

2_11.jpg2_12.jpg

留め椀ー酒汁、御飯、香の物       水菓子-百目柿、生クリーム

2_13.jpg

甘味-鶯餅 鶯粉、黒蜜

今日も品数が多いので、途中残しながら食べました。
多喜合わせ-海老芋旨煮 鱈子花吹雪と強肴-猪柔煮湯葉巻は手をつけず。御造りの鮪の中トロがとろけけるようにおいしかったです。
それと最後の水菓子の柿(本当は柿は大嫌いなんですが・・これはおいしかったです)と甘味の鶯餅もGood!!
ご馳走様でした。^^

あ~今夜が最後。
あっと言う間の二日間でした。
ちょっと寂しい気分・・・。

2007年1月3日 修善寺

⑩新井旅館-朝食2-


お正月は昨日で終り。
そして楽しかった旅行も今日で終り。
そんな新井旅館での最後の朝食です。

下記の他、湯豆腐、ほうれん草のおひたし、塩辛、佃煮、蜆の味噌汁他
昨日よりも今日の方が朝食らしい献立で、御飯が進みました。


3_14.jpg3_15.jpg

                        生湯葉の刺身

3_16.jpg3_17.jpg

かまぼこ、わさび漬け、しゃけ、卵、他     がんもの煮物


 

2007年1月3日 伊豆洋ランパーク


⑪美しい植物園に感動


syoku_top.jpg


2日間お世話になった新井旅館に別れを告げ、修善寺から15分ほどのところにある洋らんパークへ。

観光地の植物園じゃたいしたことがないと期待していなかったら、見事に裏切られました。
どこもかしこも整備されていて、とにかく植物も豊富で美しい!!
ぜひ伊豆に行ったら足を運んでみてください。

伊豆洋ランパーク オフィシャルサイト


syoku1.jpgsyoku2.jpg

syoku3.jpg
syoku4.jpg

syoku5.jpg
syoku8.jpg

syku45.jpgsyoku6.jpg

syoku9.jpgsyoku10.jpg

syoku11.jpg
syoku12.jpg

syoku13.jpg
syoku14.jpg

syoku15.jpgsyoku16.jpg


syoku17.jpgsyoku18.jpg

syoku19.jpgsyoku20.jpg


syoku21.jpgsyoku22.jpg


syoku23.jpgsyoku24.jpg


syoku25.jpgsyoku26.jpg


syoku27.jpgsyoku29.jpg


syoku28.jpgsyoku30.jpg


syoku31.jpgsyoku32.jpg


syoku34.jpgsyoku36.jpg


syoku37.jpgsyoku38.jpg


syoku39.jpgsyoku44.jpg


syoku43.jpgsyoku42.jpg


このランパークの名物は、青薔薇のソフトクリーム
珍しいので食べてみようってことになって、友人が最初に買い、試したところ


「トイレの芳香剤みたいな味」・・・


と一言。(-。-;)

もちろん私は普通のバニラを買いました。

2007年1月3日 沼津港


⑫生桜海老と生しらす-港の千本一そして旅の終り


伊豆洋らんパークで美しい植物を愛でた後、帰途に着く前に沼津で生桜海老を食べようと、沼津港にある蕎麦屋「橋本」へ向かいました。

が、しかし、「本日休業」・・・。

蕎麦には祟られているようです。(執念の蕎麦の巻参照
仕方なしに、そこから一番近く、すぐに入れそうな「港の千本一」へ。

友人と私は「生桜海老のかき揚げ定食」1680円、母は「刺身の板盛り定食2100円を注文。

沼津に来たからには「生桜海老」「生しらす」の刺身を食べなきゃとそれぞれを追加でオーダー。


注文して5分も立たずに、料理が運ばれて来ました。

kakiage_skuraebi.jpg

これってある意味怖い・・・。(-。-;)
案の定、生桜海老のかき揚げは、半分冷めている・・・。
どうやら揚げて置いといたらしい。~(>_<。)~ アウ-!


ふと見ると、「生桜海老、生しらす、鮪の中おち」の刺身がついているではないか!!

母の刺身も同じく。
あ~~大失敗。
おかげでほとんど別注文したそれらを一人で食べるはめに・・・。
トホホ・・・。

namasakuraebi_sashimi.jpgnamashirasu.jpg


母の刺身板盛り定食の写真はないですが、母曰く「品数は多いけど、刺身の質が・・・。」
お刺身の大部分を残してました。


そりゃ、昨日まで新井旅館の厳選したおいしい魚の御造りを食べていれば、こんな鮪の赤身なんてペッ。

ちょっと残念なランチとあいなりました・・。

そして、箱根経由で帰途。
解散する前にお茶でもと駅近くのカフェレストランへ。
お茶とケーキと思いましたが、もう夕食時。
お腹は空いていませんが、ケーキの他に、ピザ、サラダをひとつずつ取って、皆で取り分けて夕食兼ティータイム。

このカフェレストランは、「ティーバー」なるものがあって、いろんなフレーバーのお茶が楽しめるのです。
チョコレートとストロベリーのフレーバーとか。ちょっと変わったお味でしたが・・・。(-。-;)


この3日間の思い出を語り合いながら最後の一時。

お疲れ様でした!!
また来年も、もし機会があったら、また伊豆へ行きたいですね。^^



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。