上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9監督: ステーブン・R・モンロー
出演:デニス・ホッパー、ケリー・ブロック他
製作国:米・英 2005年公開未定
評価:★★★





9人の男女が無差別に拉致され、ある家に監禁された。生き残る手段は「一人生き残ること』!!あの「キューブ」のようなスチュエーションで、不条理な物語です。
デニス・ホッパー出演のホラーサスペンス!!

ストーリー:
無差別に選ばれた男女9人が拉致され、ある一軒の家に閉じ込められる。外部との繋がりは、家の至るところに設置されたカメラとマイクのみ。 そして外に出る方法は『生き残った一人』だけ。 勝者は3億ドルを手に出来る。 はたしてここから脱出できるものはいるのか!?


感想はこちら!!(本サイトのこの作品の感想・評価コーナーにリンクしています。)
新作映画の感想、壁紙、グルメその他見所あるコンテンツ盛りだくさんの本サイトはこちら <
スポンサーサイト
a
オムニバスドラマ 6話

1.サッちゃんメール
2.アイスクリーム
3.あこがれの人/○チェーンメール
4.三本足
5.心霊写真マニア
6.耳たぶの白い糸




サッチャンと言えば、あの芥川賞受賞作家の阪田寛夫作詞の有名な童謡でありますが、 都市伝説化しているのは2番と3番の歌詞だそうです。

問題になるのは2番の「バナナをはんぶんしかたべられないの」の部分と、
3番の「サッちゃんがねとおくへいっちゃうってほんとかな」の部分で、

この箇所の裏解釈とは、実はサッちゃんは病気などの理由で体が衰弱してしまったために「バナナをはんぶんしかたべられ」ず、「とおくへいっちゃう」とは死んでしまうと言うことを婉曲的に表現しているというものです。

そんなサッチャンを主人公に迎え、都市伝説をテーマにしたブローバンド向けムービーです。

ブローバンド向けに1本10分ちょっとの短い物語で、1話見たら、次も見たくなるということで、商法としてはいいアイデアだなと思います。

どの話も都市伝説としてしなやかに噂されている話だし、映像にしてみればそれなりに面白い。
しかし、映画ではないので、特殊メークなどチープな部分が目立ち、特にサッチャンは、子供の頃に見た恐怖ドラマの特殊メークのようで、怪獣映画の乗りである。


もっとぼかした映像で、不気味な存在として匂わせる程度のほうがよほどこわいのではないでしょうか?
まあ、あんな顔したものが目の前に突如現れたら、それなりにびっくりはするが・・・。
子役が特殊メークをして演じているのだろうが、演じるその子役がなんとも気の毒に思えてしまった。w
だって、さすがに学校の友達に映画の主役で「サッチャン」やってるのとは言えないでしょう?w

特に頭に残っているのが「白い糸」。
なんかこんな伝説聞いたことあるなと思いながら鑑賞。
ピアスの穴を素人が開けると、まれに穴から白い糸が出てくることがある・・・。と言うもの。

ヨカッタ、昔~~開けたけど白い糸なるものは出てこなかった・・・。w

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。